So-net無料ブログ作成
検索選択

本谷有希子 wiki 画像 プロフィール [本谷有希子 wiki 画像]




本谷有希子 wiki 画像

本谷有希子 大江健三郎賞
おめでとうございます。

いったいどんな方なのか?

気になるのでは、ないでしょうか?

image.jpg

1979年、石川県白山市に生まれる。

中学生時代はソフトテニス部に所属し部長を務める。

石川県立金沢錦丘高等学校時代に演劇部に所属。

上京後、ENBUゼミナール演劇科に入学、松尾スズキのクラスに在籍する。

在学中より主に舞台において女優活動を開始したそうですね。




1998年、アニメ『彼氏彼女の事情』で声優デビュー


ENBUゼミを見学に来ていた監督の庵野秀明が、

庵野を見て騒ぐ生徒たちの中で一人憮然とした態度を取っていた本谷を気に入ったためのオファーであった。

このときの役は、「文化祭で上演する劇の台本を書く」少女の役であった。



2000年9月、「劇団、本谷有希子」を創立。劇作家・演出家としての活動を開始する。

2002年、『群像増刊エクスタス』に
「江利子と絶対」を発表し小説家デビュー。

サイトで連載していた小説を読んだ編集者が声をかけたことがきっかけとなった。


2005年4月から2006年3月までの1年間、

ラジオ番組『本谷有希子のオールナイトニッポン』のパーソナリティを務めた事もありますね。



2005年には、小説『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』が第18回三島由紀夫賞候補となりました。


2006年、小説『生きてるだけで、愛。』で第135回芥川龍之介賞候補


2007年、
『遭難、』で第10回鶴屋南北戯曲賞を史上最年少で受賞する。

小説『生きてるだけで、愛。』

が第20回三島由紀夫賞候補

同年『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』が佐藤江梨子主演で映画化も
されました。

2008年、小説『遭難、』で第21回三島由紀夫賞候補

2009年、「幸せ最高ありがとうマジで!」第53回岸田國士戯曲賞(白水社主催)を受賞。

「あの子の考えることは変」で
第141回芥川賞候補



10月には雑誌『VOGUE』により、

日本を代表する女性10人を選ぶ『ヴォーグ ニッポン ウィメン・オブ・ザ・イヤー2009』を受賞。


更には


2011年、小説『ぬるい毒』で第24回三島由紀夫賞候補、第145回芥川賞候補、第33回野間文芸新人賞受賞。


そして!

2013年、小説『嵐のピクニック』で第7回大江健三郎賞受賞。


これだけの、経歴をみても

なかなかの、逸材であることが
わかりますね!


これから、
ますます活躍される事でしょう!








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
TOP ページはこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。